WordBench が終わる先にあるもの

西川さんの書かれた

WordBench は誰のもの?

を読んでいたら西川さんの【信頼している人】が「何か言いたいことがあればみんな自分のブログで書いたらいいじゃん」と言っていると書いてあった。さすが組長(←信頼してる人)が言うことが的を得てるなと。

少なからず WordPress を使っている私としても「お前なんにもわかってねーなー」って思われるかもしれないし、かなり出遅れ後発感は否めないけど思っていることを書いてみようと思いました。

(あくまでも私の主観で思ってることを書きました。いろいろ思うことがあるかもしれませんがご容赦ください…)

https://wordbench.org/2018/06/14/wordbench-is-closing/

6月14日何の前触れもなく(知ってる人は知ってたのかもしれないけど) WordBench 終了のお知らせがでました。
WordBench の下っ端の私には、どこでどのような話し合いが持たれたのかなど全く知るはずもなく突然のお知らせを受け取ることになり、とても驚きました。

そもそも WordBench とは 

WordBench は WordPress 日本語公式サイトの運営チームにより運営される WordPress ユーザーのための地域コミュニティサイトです。

WordBench のサイトにはこんな風に記されていました。
私の周りでも、まずここに違和感を持った人がいました。
私も違和感までとは言わなくても、思っていたこととは少し違いました。

毎月開催されてる WordBench 大阪のモデレーターグループに所属して、イベントを運営している私にとっては WordBench はただのウェブサイトというだけではありませんでした。
周りには WordBench はオフラインのイベントを指すものだと言う人がいましたけど、やっぱりそれだけでもないなぁと思いました。

私にとって WordBench とは「そこに関わる人や物事、その全てをまるっと内包したコミュニティ」そのものを指す言葉でした。

たくさんのイベントを運営したり参加しました、オンラインでもコニュニティの人たちとやり取りをしました。WordBench で得られる知見も確かに魅力的でしたが、私にとって何より魅力的だったのはそこに関わる人たちでした。
私にとって WordBench はそこにいる魅力的な人たちと過ごす時間のことであったようにも思います。

そして(このブログを書いている時点での)今日、WordBench の創始者である三好さんのブログ記事も公開されました。

WordBench の10年

ブログを読んだ感想は、三好さんが最後に見た WordBench はとても悲しい風景になってしまっていたんだなぁという印象でした。

WordCamp Osaka 2018 が行われる数週間前に発表された行動規範については私も少しびっくりしていました。行動規範のようなルールはもちろん必要だと思ったので、とてもいいものが発表されてよかったと思う気持ちもありました。ただ、いきなり発表されたものに対して少し驚いていたこともあったので、普段から親しくしてくださってる三好さんに聞ける機会があれば話をきいてみたいなぁって思っていました。
なので WordCamp Osaka 2018 直接お話が聞けたり、みんなのいろんな思いを話し合う機会が設けられたのはいいことだなと思っていた一人でした。

大切なコミュニティの仲間が悲しい気持ちなってしまったことはとても残念なことで、私もとても悲しい気持ちになりました。

運営チームのみなさんが WordBench を終了すると決断し、そしてその決断を受けた今、WordBench がなくなってしまう悲しむ気持ちはもちろんあるけれど、前向きにグローバルのルールに沿ったコミュニティを作るチャンスなんだと思うことにしました。(もちろん別の道に進むコミュニティがあったとしても、それもとてもいいことだと思います。)

いま、WordBench 終了のお知らせを受け、次のコミュニティ作りのために奔走している人たちがいます。この選択が正しいかどうかなんてわからないけれど、私もついて行ってみようと思っています。

https://wordbench.org/2018/06/19/meetup-officehour/

10年間、運営チームの方々の負担は相当なものだったのではと勝手に想像しています(本当に10年間ありがとうございます、そしてお疲れ様でした)。
これからは一部の人に負担がかかったり、誰かが悲しむようなコミュニティにならないように、みんなで悩んで考え作っていくことになるんだと思います。私も微力ながらお手伝いしていければと思っています。

最後に……

今回いろんなブログを読んだりして WordBench はコミュニティに関わる人にとって(もちろん私にとっても)とても特別な場所だったんだと改めて気づかせてもらいました。
WordBench がなくなるなんてことは考えたこともなかったので、そんな大切な場所がなくなってしまうのは本当に淋しく悲しいけど、そこに関わってる人が居なくなる訳じゃないので、きっと根本的な部分は大きく変わらないと信じています。

だから WordBench が終わる9月23日が過ぎても、私の大切な人たちは変わらずいつもの場所で笑っていると思います。あの WordBench が終わってしまう…と不安に感じてる人は、いま一生懸命奔走している人たちを信じて WordBench が終わったその先を一緒に見てみませんか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください